土地

【全年齢】土地を賢く売却する方法を徹底考察!

土地売却の流れ

土地売却を行うにあたり、まずやるべきことは土地の情報収集です。土地情報を把握せず、不動産会社へ相談しても話が進みません。
立地条件だけでなく、更地or古家付きor相続した土地なのか、隣接地との境界などを確認します。

売却に必要な書類や資料準備しておくのも大切です。
本人確認ができる身分証明書・住民票・実印などの他に、税額確認をする固定資産税納税通知書や固定資産税評価証明書も必要です。
登記に必要な登記権利書や登記識別情報も用意しましょう。隣接地の境界の正確な情報を提示できるよう、確定測量図なども準備してください。

土地の情報収集や準備が一通り整ったら、複数の不動産会社へ一括査定を依頼します。
不動産会社によって査定基準が異なるので、1~2社で決めるのではなく複数のところに依頼しましょう。
どの不動産会社を選んで良いか分からない…という人は、査定価格だけでなく、土地売却実績の豊富さ・売却実績を判断基準にすると良いですよ。

依頼したいところが決まったら、媒介契約を締結し、土地の売り出し価格を設定します。
売り出し価格は自由に決められるぶん、適切な価格に設定するのがポイントです。
査定価格を参考にしつつ、不動産会社へ土地周辺の売却事例を確認しましょう。それに加えて市場状況もチェックしてください。

土地売却の時に気を付けるポイント

土地を高い価格で早く売るためには、土地相場を把握しておくことがカギとなります。
土地の評価額は、一般財団法人資産評価システム研究センターの全国地価マップで調べられるので、売却希望者は一度確認してみましょう。
取引価格に関する情報は国土交通省の土地総合情報システムを活用すると、売却に関する有益な情報を得られます。

土地売却が得意な不動産会社を選ぶのもポイントの一つです。大手・実績が豊富なところのみに絞ると希望の会社を探せます。もし底地の土地※を売りたい場合は、そうした土地を扱いなれている不動産会社に最初から絞ったほうが、あとからトラブルになる確率は低いです。
賃貸よりも売買が強いところか見極めたうえで、土地条件に適した不動産会社を選ぶのがマストです。

土地売却の注意点

土地売却においてトラブルになりがちなのが、隣接地との境界です。
この境界が明確に把握できていれば問題ありませんが、境界が分からない・あいまいなときは、測量依頼をしなければなりません。

土地境界を設けるには、コンクリートなどでつくれる境界線の設置が必要です。境界線がない場合は、土地家屋設置士に依頼しましょう。
構造物の状況や、隣接地の所有者を探すのが難しいケースだと測量費の金額が変わってくるので、その点も注意してください。